*

肩こりや首こりを改善するための正しい枕の選び方と対策

   

肩こりや首こりは多くの人が普通に経験したことがある症状です。

無理な姿勢でこりを感じることも多いですが、最近では枕の選び方ひとつで肩こりや首こりが大幅に改善された例も多くなっています。

人によって寝るときに寝やすい体勢は異なっており、睡眠中にも寝返りを何回もしています。

睡眠で多く使われているのが枕で正しい枕を使うことで肩こりや首こりの対策をすることができます。

正しい枕を選ぶ基準もいくつかあり、選び方を間違えると余計に症状がひどくなってしまう場合もありますので注意が必要です

枕を正しく選んで良い睡眠を

寝るときに横向きでないと眠ることができない人は、横になったときに背骨と首の骨がまっすぐになるような高さの枕を選ぶことで、首の骨や周りの筋肉の負担を減らす対策をとることができます。

高すぎたり低すぎたりすると首の骨が上下に曲がることになり、首こりや肩こりの原因になってしまいます。

仰向けでないと眠りにつけない人は、やや低めの枕にすることで首の骨を適正なS字カーブの状態に保つことができます。

枕が高すぎるとのどを気道を狭くする状態になってしまって、太っている人は睡眠時無呼吸症候群になって命に係わることもあります。

最近では枕の高さを調整できるものも出回っているので、少々価格が高くなってしまっても正しい枕を自分で調整して作ることができます

正しい枕の選び方に困ったときには両側で高さの違う枕も販売されていますので、横向きで寝る人やあおむけで寝る人も枕の向きを変えるだけで簡単に自分に適した枕にすることができます。

正しい枕を選ぶことで良い睡眠を手にすることは難しいことではありません。

http://www.eotax.net/が参考になりました。

 - ブログ